Home > ワイヤレスインターカム

マルチキャスター

デジタルワイヤレスインターカムシステム

デジタルワイヤレスインターカムシステム

マルチキャスター

2.4GHz帯域及び5GHz帯域(Wi-Fi)を使ったワイヤレスインターカム です。 IP(インターネットプロトコル)を使っていますので、拡張性が高い コミュニケーションが可能となります。

  • 通話エリア拡張が用意
  • インターネット接続が用意
  • 4グループ通話が可能(*1)
  • 最大120人同時通話が可能(*2)
  • 明瞭な音声品質(*3)
(*1)スタンダードSIPサーバーのみ
(*2)スタンダードSIPサーバーを3台使用
(*3)G.711(μ-law)コーデック仕様
放送業界の現場ではワイヤレスインカムに対して
「電波干渉の少ないものを使いたい」「会話できる子機台数を増やしたい」「も っと広いエリアで使いたい」「できるだけコストを抑えたい」というニーズにお 応えするデジタルワイヤレスインカム「マルチキャスター」の完成です。「マル チキャスター」はシステムのベースとなるSIPサーバー、アンテナ、子機(マイ クとイヤホンを装備したネックセット)などで構成されます。
スタンダードSIPサーバーで1台で最大40台の子機を登録可能
SIPサーバー3台連結増設すると、最大120台の子機登録に対応し、120者通話が可 能です。 また、1台のSIPサーバーに複数のアンテナを接続し、用途に応じた使い分けも可 能です。フロア毎にアンテナを1台ずつ設置すれば、複数フロアのインカムをの SIPサーバーに集約し統合的に制御できます。 「SIPサーバーコンパクト」では最大20者通話が可能です。(図-1)(図-3)
中継アンテナで100mのワイヤレス通話が可能
Wi-Fi接続(DFS接続)で、中継用のアンテナを設置すれば、利用エリアは最大100m 程度まで広げることが可能です。屋外の広いエリアでの作業にも対応できます。 音声はIP伝送するため、インターネットを通じて遠隔地とも連動が可能です。 Wi-Fiルータが必要です。(図-2)
収録や撮影の現場では、より多くのスタッフで進行状況などを共有・確認したい というニーズに対応できます。拡張性の高いマルチキャスターを使えば、コスト を抑えて多くのスタッフが使えるデジタルワイヤレスインカムを構築することが 可能です。

機器構成例

基本構成

基本構成(図-1)

中継、ENG、ロケ

中継、ENG、ロケ使用時の構成(図-2)

グループマトリックス

グループマトリックス(図-3)


構成詳細

トランシーバ

2.4GHz/5GHz共用トランシーバ

アンテナとSIPサーバー

アンテナとSIPサーバーコンパクト

コントロールタワー

コントロールタワー


スタンダードサーバー

スタンダードサーバー

コンソールボックス

コンソールボックス)

保護ケース

保護ケース

片耳ヘッドセット

片耳ヘッドセット

骨伝導イヤホン

骨伝導イヤホン

ネックセット

ネックセット